FAQ

HOME › FAQ

FAQ

小学部

Q.学年によって、曜日・時間帯は決まっているのですか?

決まっていません。個別に選べます。ただし、1つの時間帯は3名程度が定員ですので、ご希望に応じられない場合がありますので、お早めにお願いします。

Q.1度決めた教科を途中で変更できますか?

できます。ただし、教材費が別途費用です。

Q.授業料は、教科数で決まるのですか?(平常授業)

いいえ。1週間に何回学習するかで決まります。例えば、毎週月・木の17:55~19:15に通塾の場合、週2回通塾ですので、24,840円です。月・木とも算数のみを学習する場合でも、月・木ともに国・算を学習する場合でも、週2回通塾なので、両方とも24,840円です。ただし、教材費が異なってきます。教材費は、1学期分を4月、2学期分を9月、3学期分を1月に、該当月の授業料と一緒にお支払いいただきます。(学校は2学期制ですが、TOP進学教室は、3学期制です)

Q.週1日で2教科(国・算)学習できますか?(平常授業)

お子さんの成績状況によります。理解不足にならないようにまずは1教科から始めることをおすすめします。週1回の通塾でも2教科の学習も可能だと判断すれば、もう1教科増やせます。いずれにせよ、入塾時の面談で、学習教科について相談させていただきます。

Q.英語はどういう教え方ですか?(平常授業)

1人ずつ理解状況に合わせて指導しますので、アルファベットを知らなくても大丈夫です。基本的には中学校使用教科書に準拠して指導します。

Q.学校行事や、体調不良で休んだ時は、振替できますか?

授業開始時刻までにご連絡下されば振替できます。ただし、定員の関係上、ご希望の日時には振替できない場合もあります。

Q.学校の宿題で分からない問題は教えてくれますか?(平常授業)

はい。授業時に、持ってきて下されば、教えています。(通常時は国算理社は、教科書準拠の専用テキストを使っていますが、その他の指導もできますので、指導内容については、入塾時の面談で相談の上、決定します)

中学部

Q.どういうふうに教えてくれるのか体験授業はできますか?

できます。実際の授業を塾生と一緒に受けてみて下さい。もちろおん、個別対応ですので、体験授業の内容も相談して決めますので他の人についていけないということはありません。人数の関係もありますので、必ず2~3日前までに、ご希望日時をご連絡下さい。入塾するかどうかは、体験授業後に、ご家庭で相談して下さい。

Q.○○高校の合格ラインは何点ですか?

よくある質問です。これまでの塾生のデータより、合格基準ラインは、おおよそ把握していますので、保護者面談などで、お伝えしています。※保護者面談は、通常年3回実施しています。(受験生は年5回)それ以外の時期にも、臨時ご相談を承っています。

Q.「中間テスト」などの対策は、どういう形でしているのですか?(平常授業)

TOP進学教室には、現在、7つの中学校から通塾しています。それぞれ、テスト日程、テスト範囲が異なりますが、それに対応して、テスト対策のプリント、教材等の指示をしています。中学校によっては、「○○から出題する」と出題範囲(教材)が限定されている時があり、その場合には、そちらを最優先して学習してもらっています。また、テスト週間中の日曜日には自習室、教室を開放して、テスト勉強に利用してもらっています。もちろん質問もO.K.です。

Q.週1日で2教科(英語・数学)学習できますか?(平常授業)

基本的には、週1回通塾の場合には、1教科でお願いしていますが、お子さんの成績状況によります。理解不足にならないようにまずは1教科から始めることをおすすめします。週1回の通塾でも2教科の学習も可能だと判断すれば、もう1教科増やせます。いずれにせよ、入塾時の面談で、学習教科について相談させていただきます。

Q.学校行事や、体調不良で休んだ時は、振替できますか?

授業開始時刻までにご連絡下されば振替できます。ただし、定員の関係上、ご希望の日時には振替できない場合もあります。

Q.学校の宿題で分からない問題は教えてくれますか?(平常授業)

はい。授業時に、持ってきて下されば、教えています。(通常時は、教科書準拠の専用テキストを使っていますが、その他の指導もできますので、指導内容については、入塾時の面談で相談の上、決定します)

Q.学年によって、曜日・時間帯は決まっているのですか?(平常授業)

決まっていません。個別に選べます。ただし、定員の関係上、ご希望に応じられない場合がありますので、お早めにお願いします。(「特別選抜コース」「選抜コース」は5教科必須で、曜日・時間帯が決まっています)

Q.一度決めた教科を途中で変更できますか?

できます。ただし、教材費が別途費用です。

Q.授業料は、教科数で決まるのですか?(平常授業)

いいえ、1週間に何回学習するかで決まります。例えば、「高松高・一高・三木高(文理)進学コース」で毎週月・木の19:30~21:50に通塾の場合、週2回通塾ですので、23,760円です。月・木とも英語のみを受講する場合でも、月・木ともに英語・数学を学習する場合でも、週2回通塾なので、両方とも23,760円です。ただし、教材費が異なってきます。教材費は、1学期分を4月、2学期分を9月、3学期分を1月に、該当月の授業料と一緒にお支払いいただきます。(学校は2学期制ですが、TOP進学教室は、3学期制です)

Q.「特別選抜コース」「選抜コース」ではどういう授業をするのですか?

「特別選抜コース」は、高松高等の志望者を対象とし、「選抜コース」は、一高・三木高(文理)等の志望者を対象としています。中3になると年5回ある「診断テスト」の毎回の範囲に合わせて、指導しています。春期講習からカリキュラムはスタートしています。まずは6月の「第1回診断テスト」に向けて、中1の学習内容の復習を中心に授業を行います。

代ゼミサテライン

Q.部活があるのですが、受講日時は選べますか?

はい。13:00~22:00(月~土)より自由に選択できます。但し、座席数に限りがありますので、満席になる前に、早めに日時予約をした方がいいでしょう。

Q.「物理」だけ受講したいのですが

1講座から受講できます。2017年2月末までが受講期限ですので、期限内であれば、何度でも繰り返して受講できます。

Q.自習したいのですが…

「代ゼミサテライン」の年間講座を3講座以上受講している場合には、2017年2月まで自習室を利用できます。それ以下の場合には別途、利用料金が必要です。詳細はお問い合わせ下さい。

Q.「パンフレット」を見たのですが、自分にはどれが適しているのか分からないのですが…

目標としている大学に必要な教科、レベル、現時点での学力を総合的に判断して、いくつか適している講座を提案します。「無料体験受講」で、それらを受講してから、考えてみるといいでしょう。

Q.学年の途中からでも、受講を始められるのですか?

「生中継」授業は、すべて録画しているので、途中からの入塾もできます。遅れを取り戻すために、集中して受講すれば、ライバルに追いつけますし、追いこすことも可能です。

Q.「国公立2次」「私大」用の講座はありますか?

はい。「東大」「京大」「早稲田・慶応」「一橋大」「関関同立」「医学部」などを設置しています。

Q.「無料体験受講」はいつ行ってもいいのですか?

できれば日時を予約のうえ、来て下さるとありがたいです。その際に、学校で受験した模試の成績票をお持ち下されば、適した講座をご提案できます。

Q.センターで「現社」が必要なんだけど、高1の時からあとは何もしてないし…

現社、政経、倫理、地学にいたるまで任せて下さい。もちろん英・英リスニング・数・国・理・地歴・公民すべての科目に対応。(年間2000講座)

Q.「小論文」の講座は、ありますか?

あります。「医系論文」「論文総合」「入試対策小論文(推薦入試編)(国公立・私大入試編)」があります。

「難関大受験コース」(高1~3)

Q.「国公立大学」に進学したいのですが、どうやったら実力がつきますか?

高1、高2の段階では、まず学校の授業を大切にして、日々予習・復習することです。成績が低迷している場合のほとんどは、日々の家庭学習不足に原因があります。TOP進学教室では、家庭学習に確実に取り組めるように指導し「定期テスト」対策に遅れが出ないように指導しています。生徒により学校教材の「確認テスト」も行っています。理解が定着すれば、「代ゼミサテライン」を受けることもおすすめします。高3になれば、全国レベルの入試に対応するために「代ゼミサテライン」の受講をおすすめします。

Q.学校から帰ってくると、いつの間にか時間がたってしまって、あまり勉強できないのですが…

部活が終わって帰宅して夕食後、TVを見ながらウトウト…。よく聞く話です。効率的に時間を使うことが大切ですね。夕食の後は、すぐ勉強するのも1つの方法。自習室で勉強するのはどうでしょう。周りは、集中して学習しているのでそれに刺激されて、ヤル気も集中力もでてくるのでは…。部活引退後は、学校帰りにサテラインの受講、自習をしにくる生徒も多く、夕食前に2時間程、学習している塾生も多いです。


ホームページからのお問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは087-898-4223(授業・面談を最優先するため、授業・面談時間中は電話に出られない場合があります。留守番電話にて用件を承ります。)

このページの先頭へ