塾長の授業日誌

HOME › 塾長の授業日誌

塾長の授業日誌

途中式

2021年09月28日

数学では、途中式を省略して暗算でやってくる生徒がたまにいます。

で、ミスるわけです。

 

その時に、どこで間違ったか分からず、自分でも探せなくて、私に助けを求めてきますが、助けません。

途中式を省略したから、そうなったのですから、途中式を書いてくるように伝えるのみです。

 

それがテスト中なら、私は助けられませんから、自分で間違ったところを探さないといけないです。途中式がない状態では、探せません。再度やり直すことになります。

 

でも、それって時間がかかります。それならば、最初からきちんと途中式を書いておいた方が、結局は時間短縮になります。

ということは、毎回言いますが、それが癖になってる人には、なかなか改善に向かわず、ひたすら繰り返して言い続けるしかありません。


三木高終了、次いで高松高校

2021年09月27日

三木高校の「前期末考査」は、28日で終了。よって、そのためのテスト勉強は本日で終了。

次いで、高松高校は、本日、「前期末考査」発表。10月4日から考査開始。

高松高校が終わったら、一高のテストが・・・。

 

テストが終わったと思ったら、別の高校でテストスタート、それも終わったら、また別の高校・・・。三木高校、高松高校、高松一高のテスト日程は、いつも微妙にずれています。

 

テストとかに関係なく、日頃から勉強していれば、定期テストでそんなに困ることはないはずです。


数学を捨てたら国公立大学は厳しくなる

2021年09月25日

「国公立大学へ行きたいです」

こういう希望は多いです。そのためには、私立大学とは違って、5教科の入試(共通テスト)を受験する必要があります。共通テストを必要としない「学校推薦型選抜」「総合型選抜」はありますが、こちらは合格が100%保証された入試ではありませんので、そちらの方式で受験するにしても、共通テスト5教科を受験するための勉強をしておく必要があります。

 

それでよくあるのが、高校に入学してから、「数学が極端に難しくなって、思うように点が取れず、数学を捨てようか」という悩み。

まあ、数学を捨てれば楽になりますが、国公立大学への進学は閉ざされます。ごくわずかですが、数学不要の国公立大学、また、数学ⅠAのみでよい国公立大学もありますが、そういう大学は、志望倍率が高くなる傾向にあります。

そうなると、国公立大学への進学が難しくなるわけで、「どうしても国公立大学」という場合には、数学は捨てるべきではないでしょう。苦手ながらも他の教科の足を引っ張らない程度には、勉強していく必要があります。

 

また、それは高校に入ってからの話、というわけではなく、高校受験の段階で、数学を捨ててしまったら、それは高校の数学を理解することが難しくなる、ということを意味しますので、まずは、より易しい、中学数学を日々勉強して得点力を磨くことが、結局は大学入試につながっていくことになるのです。

 


中3数学

2021年09月24日

高松高校、高松一高を目指す中3生からの問い合わせが、毎年この時期から増えます。

「定期テストの数学は問題ないんですが、診断テストの数学が思うように点数が伸びません・・・。」

 

はい、状況は分かります。定期テストの問題は、教科書に沿って作問されるので、対策がしやすいですし、範囲も狭いです。集中的に勉強すれば、まあ得点できるでしょう。ただ、そんな勉強をこれまで継続していたとすれば、「診断テスト」は思うように得点できないでしょう。

第1回、第2回は、まだ範囲が狭いですが、第3回以降は、中3内容も入ってきて、ぐっと難易度が上がります。証明問題も出題されますしね。

 

数学は、「診断テスト」「入試」をクリアーするには、やるべき重点分野、問題があって、そこをやりこまないとなかなか得点できないのです。現塾生は、春期講習~夏期講習にかけて、そうした分野をやりこんでいますので、第2回の「診断テスト」では、40点以上は多数いました。

 

過去、今の時期から入塾し、数学を合格圏内に持ち込んだ塾生は大勢います。

高松高校、高松一高を目指してはいるものの、数学が今一歩という方は是非ご検討ください。


中学生「中間テスト」対策終了

2021年09月23日

三木中学校は、明日24日で「中間テスト」が終わります。

今日も、「勉強会」は静かに集中して行われました。もちろん、オンライン組も同様に。

 

テストは明日で終わりますが、先日返却した模試の「間違い直し」は宿題になっていますので、明日から取り組んでください。


大学別模試

2021年09月22日

夏期講習期間中に実施した、大学別模試の成績表を順次返却しています。

浪人生も多数受験している模試ですので、思うように成績が取れない場合もあるのですが、大事なのは、合格可能性の判定ではなく、今自分が何が足りないのか、何をすればいいのかを成績表から読み取ることです。その分野を補強すれば、合格には確実に近づきます。

現役生は、入試直前まで伸びます!!  日々の努力を怠らずに継続しよう!!


三木高「中間考査」

2021年09月21日

今日から三木高の「中間考査」スタート。

昨日までの3連休があったので、勉強の時間は十分に確保できたと思います。今回は、23日(祝)と25日(土)、26日(日)の休みが途中に挟まっている日程なので、勉強の時間は確保しやすいですね。でも、それはみな同じですので、油断なく…。


3連休

2021年09月18日

毎年、シルバーウィークは、テスト期間なので、3連休であろうと、塾は開いています。

自習室も開放していますし、勉強会も行っています。

 

授業はみんな普段通りに来ていますが、自習室や勉強会は、強制していません。

 

自分が集中して勉強できる場所で、集中して勉強すればいい、と思っているからです。

 

自習室なり、オンラインなり、自宅なり、それぞれ集中できる場所や、集中できる時間があるはず。だから、強制はしません。

 

強制されて勉強させられているようでは、伸びしろは限られてきます。

 

そんな勉強をしていたら、中学生は高校生になって間もなく困る事態に遭遇するでしょうし、高校生なら、大学受験時に困るでしょう。そういうことを事前に防ぐためにも、自らの意志で学習に取り組むことの重要性を日々説いています。「自学力」は、重要なのです。

 


「先生、もうやることがないです」

2021年09月17日

テスト勉強をしていると、もう範囲まで終わって、

 

「先生、もうやることがないです・・・。」

 

と言ってくることがまれにあります。

 

ですが、ほとんどの場合、「やることはあります」。テスト範囲の勉強を「やった」ことには違いないのでしょうが、もっと成績が上位の生徒から見れば、まだまだやることはあるのです。

 

また、より上位の生徒は「やることがないです」とは、ほぼ言いません。やり切っていても、繰り返して取り組んだり、教科書の再確認をしたりします。そこまでやると、満点にもつながっていきます。

 

 


動画を見るだけでは・・・

2021年09月16日

「動画を見て勉強」、これはもちろんありです。最近は、教科書にもQRコードがついていますので、それをタブレットやスマホでピッとやれば、より学習を深めることができますし、音声や映像も加わりますから、理解も深まります。

 

ですが、そこで「動画を見る」だけで終わってしまうと、「見た」という記憶にはなりますが、「できる」「解ける」というところまでは到達しないと思います。そこに到達するには、やはり、手を動かして、

・ 動画の内容から重要事項を書きとめる

・ 教科書の内容に戻り、練習問題を解く

・ 傍用問題集、参考書を解く

 

などが必要です。

 

 

 ですが、実際のところ、教科書や参考書のQRコードを使っている中高生は少ないです。すごい情報も入っているのに、もったいないです。


ホームページからのお問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは087-898-4223(授業・面談を最優先するため、授業・面談時間中は電話に出られない場合があります。留守番電話にて用件を承ります。)

このページの先頭へ