塾長の授業日誌

HOME › 塾長の授業日誌

塾長の授業日誌

面談は日曜日も行っています

2021年02月28日

今日は、高松高校生は、テスト勉強のために、大勢自習にやってきていました。もちろん、入試を控えた中3生も来ていました。

 

私は、保護者面談で、今日は10組の方と面談を行いました。平日はお仕事の関係上、面談に来られない方もいらっしゃるので、日曜日にも面談日程を設定しています。

来週3月7日(日)も、面談可能です。新規入塾をご検討の方も、面談可能ですので、平日お忙しい方は是非日曜日をご検討ください。

 

 


「テスト勉強」よりも、日々継続して勉強するほうが大事

2021年02月27日

テスト前に勉強するのは当然だけれど、もっと大事なのは、日々継続して勉強すること。

 

① 20日間何も勉強せず、テスト前の10日間毎日6時間勉強する

② 30日間毎日2時間ずつ勉強する

 

①の30日間の勉強時間は、 0時間×20日+6時間×10日 = 60時間

②の30日間の勉強時間は、 2時間×30日 = 60時間

 

両方とも総時間数は同じだけれども、私は②を絶対にすすめる。

日々継続することによって、力はついていく。それは、中高生なら、部活で体験済みのはず。

もちろん、日々継続したうえで、さらにテスト前に上積みすれば、最強。

 

そういう私の考えもあって、夏期講習や冬期講習でも、塾生は、いつもと同じ曜日時間帯に授業がある。ペースを変えないためである。基本となるベースに加えるのは、いくら加えても結構。

よって、夏期講習も冬期講習も、塾生は、いつもと同じ授業数だから、料金もいつもと同じ。(希望によって授業数の追加は可)。受験生は、授業時間数が増えるので、多少の追加料金は必要だが、割安にはなっている。

 

いずれにせよ、勉強する、しないの差が大きくならないようにしている。

 

継続は力なり!!

 

 


体験授業は日程が限られています

2021年02月25日

今日も、お問い合わせありがとうございます。

体験授業は日程が限られております(通常の授業に参加していただくため、残席がない日もあります)ので、ご希望の場合にはお早めにご連絡お願い致します。

 

 


「2021年度授業案内」掲載しました

2021年02月24日

「2021年度授業案内」を掲載しました。 さらなる詳細は、パンフレットをご請求ください。


3月は時間がある

2021年02月23日

三木高校は、明日で学年末考査が終わります。高松一高も今週金曜日で終わります。高松高校も来週前半で終わります。

3月は、テストもないし、休日も多いのです(公立高校入試の日は休日ですし、20日からは春休みのはず)。4月の第1週も春休み。つまり、1か月ちょっと時間が十分にあります。例年の夏休みくらいの期間ですね。

ここで、差を一気に広げるチャンスなのですね。

高校の授業もあまり進みませんから、思う存分に自分の勉強ができます。高校の宿題なんて、さっさと片づけて、自分の得意教科を伸ばし、不得意教科を克服する勉強の期間にしたいですね。

高校生の塾生には、「受験戦略面談」を行い、すべき学習の指示をしていきます。


季節を感じることも大事

2021年02月22日

先日ある小学生が話しかけてきました。

 

「先生、冬休み頃は塾に来る時は真っ暗だったのに、最近まだ太陽が出ていて、明るくなっています。」

 

これって、大事なんですよね。日々の生活の中で感じること。

 

同じ午後6時なのに、どうして日によって太陽が沈んでいたり、まだ出ていたりするのか、またそれによって、気温がどう変わるのか、なんていうのを自分で考えるようになると、理科もそうですけど、いろんな点で、力を発揮してきます。

 

長年、小学生を指導してきて思いますが、いろんなことに興味関心があると、文章を読んで理解するにも、すっと入っていく場合が結構あるのです。国語の文章でも、歴史や理科的な内容の場合には、そうした分野に興味関心がある生徒は、読みやすくなるし、答も導きやすくなります。それは、音楽や、スポーツでもそうですね。

そういう意味でも、小学校の間は、興味関心の幅を広げるために、習い事や旅行、そして買い物でさえも、一緒に連れて行って欲しいと思っています。コロナの為に、思うようにはならない状況ですが、Web上で確認するとか、図鑑を見るとか、でも構いません。

机上の勉強だけではない体験が小学生には必要に思います。中学生、高校生になると、興味関心が偏ってしまっていることが多いので、そうなる前にいろんなことに触れてほしいです。


春の「オープンキャンパス」へ

2021年02月20日

高1生、高2生は、受験大学を選定するためにも、「オープンキャンパス」へは参加した方がいいでしょう。今年は、コロナの影響で、実際の大学では行わず、Web上での開催としているところも多いですが、やはり、雰囲気を知る上でも参加した方がいいと思います。

 

本当は、大学現地まで行ってみて、大学周辺の雰囲気も合わせて感じ取ったほうがいいのですが、難しいようであれば、グーグルマップとかでも調べることはできますからね。

いずれにせよ、待っているのではなく、自ら動くことです。


今年度の「診断テスト」は・・・

2021年02月19日

今年度の「診断テスト」は、中1、中2とも例年に比べると、易しめでした。

また、中3生の第1回から総合第2回も、トータルして考えれば、例年よりも易しめでした。よって、皆点数はそれなりに取れているので、高松高校、高松一高などは、出願者が多いものと思われます。


大学受験戦略

2021年02月18日

高1、高2生は、来るべき入試に備えて、戦略は考えておく必要があります。

高校入試なら、公立高校の一般入試用の勉強をしていれば、県内私立高校入試や公立の自己推薦入試は対応できます。また、公立高校の入試問題は、どの高校も同じですので、特殊な対策が必要な訳ではありません。

 

しかしながら、大学入試は異なります。

 

国公立大学 or 私立大学

共通テスト受験必要 or  必要なし

一般入試 or 学校推薦型選抜 or 総合型選抜

また、国公立の場合には、2次試験の教科が何?

 

という点で、受験方式が多岐にわたるのです。

 

例えば、

「国公立大学で学校推薦型選抜(共通テストあり)を受験する場合」

「私立大学で共通テストなしの一般入試を受験する場合」

また

「国公立大学で総合型選抜を受験する場合」

 

では、受験教科も違うし、受験日程も違うし、合格発表日も違います。当然、受験する入試問題も異なるわけです。

 

ですから、どの方式の入試で受験するかは、早めに考えておかなければなりません。

「とりあえず日程的に受験できる入試は受けてみる」なんてのは、対策が間に合いません。

早めにターゲットを絞って、対策に取り掛かかったほうがいいでしょう。

 


勉強体力

2021年02月17日

三木高校は現在、「学年末考査」中です。三木高校の定期考査は、5日間行われます。今回は、土日や祝日をはさんでるので、5日連続ではありませんが、たいていは、月曜~金曜までの5日間連続です。

1日に2~3教科のテストがあります。このテストを一夜漬けで乗り越えるのは大変です。5日間連続してテストがありますから、毎日一夜漬けをやっていたら、睡眠不足で続かないですね。ですから、テスト期間になる前から、計画的に勉強することは必要です。

仮に、一夜漬けでなくても、翌日のテストに向けて集中して勉強しなければなりませんから、少なくとも5~6時間は勉強することになるでしょう。普段から毎日家庭学習に取り組んでいれば、そんなに困ることはないでしょうが、普段あまりやってないと、勉強するだけで、疲れてしまうこともあります。

 

私は、「勉強体力」と呼んでいますけど、勉強にも体力は必要です。大学入試では、「共通テスト」の時は、午前9時半から午後6時過ぎまで入試があります。また、2次試験でも、1教科120分とか、150分の試験時間という大学もあります。その時間内は、集中して取り組まないといけない訳です。それに耐えうるだけの「勉強体力」は、日々の学習から生まれてきます。

 

TOP進学教室では、今日もテスト対策として「勉強会」を実施しましたが、中学生も5時間~6時間は、集中して取り組めていました。中学生の段階から、大学受験に向けての「勉強体力」の養成中なのです。


ホームページからのお問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは087-898-4223(授業・面談を最優先するため、授業・面談時間中は電話に出られない場合があります。留守番電話にて用件を承ります。)

このページの先頭へ