塾長の授業日誌

HOME › 塾長の授業日誌

塾長の授業日誌

「静かに!」とか言ったことがない

2021年07月22日

夏期講習のスタートと共に、一気に暑くなりましたが、冷房の効いた中、塾生は、いつも通りに学習を続けています。

自習室でも、サテライン室でも、教室でも、「静かに!」なんてことは言ったことがありません。そんなことはいう必要もないのです。そのくらい集中して皆学習に取り組んでいます。

 

 


【塾生向け】 自習室空き状況

2021年07月21日

自習室の空き状況ですが、7月中は以下です。

 

13時~16時     空き多少あり

16時~17時30分  混んでいます

17時30分~19時  空きあり

19時~23時     空き多少あり

 

通常時とは異なり、午後、夕方、夜間と、利用が分散しますので、満席ということはほぼありません。

事前に予約上満席であっても、利用当日に近づくにつれ、変更が出て、空きが生じる場合があります。

前日、当日でも空きのある場合がありますので、メールでお問い合わせください。


宿題なんて、さっとやって、自分の勉強へ

2021年07月20日

明日から「夏休み」。

 

今日も小学生、中学生、高校生に聞きましたが、学校の「夏休みの宿題」はあるようです。まあ、そんなのは、さっとやってしまって、自分にとって必要な勉強に時間をさくべきですね。ほとんどが、一律の宿題ですから、自分のレベルに合ってるか、というとそうではなく、易しすぎ、または、難しすぎて、「作業」になってしまう宿題もあるでしょう。

評定のこともありますから、やるべきものはさっとやって、今の自分自身に必要な勉強に時間をさいてください。弱点補強、得意教科伸長、これは個々で異なりますけど、実力を伸ばすには必要なはず。

数学の「2次関数の最大最小の文字による場合分け」が苦手なら、教科書、問題集、参考書に載ってるその類の問題を徹底的にやりこむ、それは必要ですね。1時間、2時間じゃなく、半日、いや一日、いやもっとかけて反復してできるまで徹底的にやる。それだけの時間は、「夏休み」中ならあります。

 

数学に限らず、英語、理科、社会、国語、どの教科も、この「夏休み」がチャンスです。

 

やるなら、今すぐです。時間があると思って、「時間ができたら・・・」って考えてると、いつまで経っても、始められません。


「夏期講習」開講&オープンキャンパス

2021年07月19日

今日から「夏期講習」開講です。

まだ、学校は夏休みには入っていませんが、学校の授業は早く終わってるようですので、遅刻等もなく、今日は予定者全員出席でした。部活の県大会に参加する中学生の塾生も多数いますが、すべて振替できる体制にしています。

 

さて、塾生及び保護者の方々には、再三ご案内してまいりましたが、各大学の「オープンキャンパス」が先週末くらいから本格的に始まっています。今年は、予約制のところが多いです。香川大学は、今日から予約がスタートしました。学部、学科によっては、すでに満席のところもありますので、参加予定の方で、予約されていない方は今すぐ!!


「夏期講習」残席状況

2021年07月17日

19日~「夏期講習」開講ですが、残席状況です。

小学生     残席1名

中1,中2生  残席計2名のみ

中3生     残席1名(成績基準あり)

高1,高2生  残席計1名

高3生     満席 (サテラインは受講受け入れできます)

 

なお、現時点の状況です。事前面談は必須の為、ご検討中の方はお早めにお願いします。

(夏期講習は、7月19日~8月7日までの期間中に実施します)


昨年度の過去問は要注意!(大学受験)

2021年07月16日

大学入試の過去問集が順次、発売されています。

「共通テスト」は問題ないのですが、「国公立2次」や「私大」の場合には、注意すべきことがあります。

 

それは、昨年春の休校により授業進度が遅れていた高校があったために、大学入試の出題範囲が変更された大学がある、ということです。

特に、数学や理科では、出題範囲を変更し、出題しない分野があった大学があります。

 

ですから、今春の出題が、これまでの出題傾向と変わっているからといって、「変わった」とは言い切れない場合もあります。過去問演習する場合には、出題範囲のことも考慮して取り組む必要があります。


「夏期講習」は、19日開講です

2021年07月15日

「夏期講習」は、19日(月)開講です。

受講ご検討の方はお急ぎください。事前の面談は必須になっております。

なお、学年、コースにより満席の場合もございます。


「小論文」講座あります・・・添削付き

2021年07月14日

大学入試では、総合型選抜、学校推薦型選抜、また、国公立2次試験 で、「小論文」が課される大学があります。

英語や数学などの教科とちがって、「小論文」の書き方を教えてもらえる授業というのは、高校ではあまりないのではないかと思います。短期間の特別講座などで、「小論文」対策の講座をしている高校はあるかもしれませんが、少ないと思います。

 

TOP進学教室で受講できる「小論文」講座は、「小論文」の正しい書き方を学び、実際に、原稿用紙に書き、それを添削指導します。その添削も、普段顔を合わせたこともないプロ講師が行いますので、先入観なく、「小論文」の内容のみで評価をつけます。(普段接している先生が採点すると、どうしても甘くなりがちです)

 

添削の後、返却された答案は、添削指導で真っ赤ですが、その指摘されたことを、次の「小論文」の答案に生かしていきます。これの繰り返しで、「小論文」の正しい書き方を学び、自信を持って、入試に臨むことができるはずです。

 

なお、「小論文」講座は、

    答案の作成⇒添削指導⇒答案の返却

という流れで進めていきますので、時間がかかります。短期間での指導はしておりませんので、受験に必要な場合には、早めに着手されることをおすすめします。

 

【開講講座】 「入門小論文」「入試実戦小論文」「医系小論文」「特別選抜小論文」

 

 


体験授業は12日(月)まで

2021年07月06日

「夏期講習」前の体験授業は、残り7月7日(水)、12日(月)のみです。

(高校生のサテラインは、17日まで可能です)

 

 ご検討中の方は、お急ぎください。


「国語読解解法の奥義」 【満席締切】

2021年06月30日

夏期講習の「国語読解解法の奥義」は、本日満席になりましたので、締め切りとさせていただきます。

なお、キャンセル待ちはお受けできますので、ご希望の場合にはご連絡ください。

 


ホームページからのお問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは087-898-4223(授業・面談を最優先するため、授業・面談時間中は電話に出られない場合があります。留守番電話にて用件を承ります。)

このページの先頭へ