塾長の授業日誌

HOME › 塾長の授業日誌

塾長の授業日誌

「共通テスト」まで4か月

2021年09月15日

来年1月の「共通テスト」まで4か月となりました。「あと4か月しかない」と考えるか、「まだ4か月もある」と考えるか、勉強の進捗状況によって異なると思いますが、「共通テスト」までに受験生に与えられた時間は皆同じです。その時間をいかに効率よく使うか、です。

 

まぁ、この時期に及んでもスマホを手放せない受験生もいるようで、それが必要なことに使っているのならまだ理解できますが、そうでない場合はそろそろ自覚した方が・・・、という段階です。スマホは便利なので、私は使うことは推奨してますが、使い方次第で、毒にもなりえます。

 

「共通テスト」はまだ1年しかやっておらず、傾向が固まっていませんので、対策はやりづらい面もありますが、これもまた受験生皆同じ。「センター試験」の過去問も含めて、練習していく必要があります。


高松高校生

2021年09月14日

高松高校の文化祭は、15日。

ということで、今日はその準備で、高1、高2の高松高校の塾生は、ほぼ休み・・・。「準備が終わらない・・・」とか。まあ、1年に1回だし、思いっきり楽しむためにも仕方ないですね。振替授業は、後日しますので。

一方、高松高校の高3生は、今日、明日は、学校に入れない? とか。まあ、勉強の為ですね。ということで、今日、明日は、早い時間帯から来て、受験勉強に頑張っています。


中間テスト発表!

2021年09月13日

どの中学校も、「中間テスト」は21日からですが、学校や学年によっては、すでにテスト範囲が発表になっています。

中学校ごとに、進度が微妙に異なるので、テスト範囲も異なりますが、一斉授業ではないので、個々に対応できます。個々に進度や理解状況を確認しながら、問題演習の内容をその都度決めています。これも、「個別演習型指導」だからできることです。もちろん、その指示内容はすべて私が決めています。


「中3特別選抜コース」授業スタート

2021年09月11日

高松高校・高松一高・三木(文理)を目指すためのコースです。「診断テスト」「入試」の対策に特化しています。定期テスト対策はしません。210点以上を確実に取るための授業です。5教科指導ですが、特に英数理に時間を傾斜して指導しています。

 

英語・・・長文読解、英作文

数学・・・関数、図形、文章題

理科・・・「診断テスト」「入試」で配点が2点の問題対策(ほとんどの問題の配点は1点です)

 

基本的な問題の指導は行いません。

 

確実に、高松高、一高、三木(文理)へと合格するように指導しています。

 

夏期講習が終わって、今日が最初の授業です。これまで以上に指導レベルを上げていきます。


日々やってる人が勝つ

2021年09月10日

勉強でもスポーツでも、日々やってる人が勝ちます。普通は。

 

例えば、中学校や高校のクラスマッチ。バスケットボールのクラスマッチなら、普通は、バスケ部の部員が多い、またはバスケの経験者が多いクラスが勝ちます。日々練習してるからですね。

勉強でも、日々勉強している人がテストで高得点を取ります。まあ、定期テストなら、一夜漬けで頑張った人が高得点を取るかもしれませんが、中学生の「診断テスト」、高校生の「校外模試」では、日々やってる人が勝つのです。当たり前です。

もちろん、入試でもそうです。

定期テストと同じ感覚で、直前の勉強でどうにかなる、ことはありません。


それぞれ

2021年09月09日

「それぞれ」の意味も中学生には分かりづらい場合があるようです。

 

・ △ABCと△DEFで、3組の辺がそれぞれ等しい。

          ↓

  AB=DE,   BC=EF,  AC=DF という意味です。「それぞれ」が入っていないと、こうはなりません。

 

また、二等辺三角形の定義は、「2つの辺が等しい三角形」ですが、これを「2組の辺が等しい三角形」と書いてしまう答案を見かけることがあります。「2つ」と「2組」の意味は、明らかに異なるのですが、なんとなく覚えてしまうと、そうしたミスに気づきにくくなります。

 

これは、先日の中3「特別選抜コース」でも説明したのですが、やはり、基礎基本は重要です。こうした誤用で、減点されることもありますので。


なので

2021年09月08日

「なので」 これは、学年にかかわらず、間違えて使う場合が目につきます。そのたびごとに、直しますが、つい使ってしまう表現のようです。

まあ、最近は、日常生活では許容されている表現でしょうけど、作文では減点対象です。

 

・ 今日は3時間授業です。なので、部活はありません。  ×   

・ 今日は3時間授業なので、部活はありません。

 

「~たり」も、1回のみでは用いません。

・ 今日は、学校が休みだったので、勉強したりしました。  ×

・ 今日は、学校が休みだったので、勉強したり、ゲームをしたりしました。

 

作文の採点の際には、作文の内容はもちろんのこと、こうした表現上の誤りも指摘しています。

 

 

 

       


高松高校、高松一高、三木(文理)受験専門です

2021年09月07日

中学生の指導は、高松高校、高松一高、三木高(文理)受験専門です。

入塾に際しては、「入塾選抜テスト」または、成績による審査があります。

また、事前の面談は必須となっております。入塾ご検討の場合には、お早めにご連絡お願い致します。

なお、満席の学年、コースもございます。

 

 


【要注意】高校入試の過去問

2021年09月06日

2021年春に実施された全国の高校入試の問題に取り組むときの注意事項です。

これは各都道府県で異なりますが、コロナによる休校の関係で、出題範囲が減らされている教科があります。(香川県は通常通りでした)

例えば、数学では、三平方の定理は出題しない、とか、英語では、関係代名詞は出題しない、とか、各都道府県でいろいろありました。中3の秋以降に学習する範囲が減らされていることが多いです。

 

したがって、全国の入試問題を解いたときに、三平方が出ていない、とか、関係代名詞が出てない、とかの入試問題に遭遇することもあります。ですが、それは範囲外であったから出ていないのであって、その点は認識しておく必要があります。

 

今のところ、来春の入試問題については、範囲変更のような情報は聞いていませんので、通常通りの出題範囲になると予想されます。

 

ただし、今年から教科書が変わっていますので、移行措置の内容、そして、中3の新教科書の内容は出題されます。もちろん、それは2021年春に実施された入試には出題されていませんので、過去問にも載っていません。ですので、その部分は問題集等で補強する必要があります。

 


夏休み延長の高校

2021年09月01日

12日まで、県立高校の夏休みは延長されました。

が、現実には、毎日高1~高3まで課外(という名の授業。先に進めている)があって、高校に行くし、その後文化祭準備、部活もあるので、実質2学期が始まったのと同じ。昼食をはさまない、などのルールがあるので、早く課外は終わりますが、その分だけ、夏休み終了後にしわ寄せは来るはずで、日々の勉強は、怠らずやっていく必要があります。

高3受験生は、自分で勉強する時間は増えたはずで、これを活かすべきですね。志望大学の過去問に取り組む、弱点分野の補強に取り組むなどなど。夏休み前に受験した模試の成績も返されるはずなので、それの復習も。12日間の計画は早めに。


ホームページからのお問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは087-898-4223(授業・面談を最優先するため、授業・面談時間中は電話に出られない場合があります。留守番電話にて用件を承ります。)

このページの先頭へ