塾長の授業日誌

HOME › 塾長の授業日誌

塾長の授業日誌

中1・中2対象 「診断テスト200点獲得講座②」

2020年01月09日

 高松高校、高松一高、三木高校(文理)を目指す中1・中2生対象の講座です。 応用発展問題のみ指導します。

 

★ 日時 1月19日(日) 中1⇒14:10~16:00        中2⇒16:10~18:00

               1月26日(日) 中1⇒13:00~14:50        中2⇒15:10~17:00

               2月 2日(日) 中1⇒13:00~14:50        中2⇒15:10~17:00

 

★ 教科  英数理 (各教科共に40点以上得点することを前提とした一斉授業)

 

★ 料金  6,600円 

 

★ その他  お申し込みは、お電話、メールでお願いします。


新聞

2020年01月08日

 TOP進学教室の塾内通路には、新聞を2紙置いています。塾生は休み時間とか、早く来た場合とかに読むことができます。これは、塾を創設以来ずっと続けています。

 

 で、意外に読んでるんですよね。テレビ欄やスポーツ欄は、「読んでいる」とは言えないと思うので、それ以外の記事ですね。社会面とか、地域面とか、政治経済面も。時間があるから読んでるのか、それ以外にすることがないから読んでるのか分かりませんが、読んでいます。果たして、そうした塾生は、家でも新聞を読んでいるのだろうか・・・? 今度尋ねてみようと思います。

 

 


冬休み終了

2020年01月07日

今日で冬休み終了ですね。明日からは、学校も始まります。

 

TOP進学教室は、1月中は毎日開いています。私立高校入試も今週からですし、センター試験も来週末にありますからね。 ついでに言っておくと、2月も毎日開いています。

 

入試も近づいていますので、早寝早起きで! 入試は朝からですので。


証明チェック

2020年01月06日

 中2生の合同の証明、中3生の相似、円の証明のチェックは、すべて私がやっています。自己流の書き方で、生徒自身で〇×つけるのでは、どうしても基準が甘いんですね。ですから、私がすべて目を通しています。ほぼほぼ修正が入ります。説明がとんでるところがやはり多いです。自分では当たり前だと思ってることでも、答案には書かなければなりません。

 

 詳しすぎて減点されることは、まずないので、飛躍しすぎてるところがないように書くべきです。

 


「新中1英数入門講座」開講

2020年01月05日

 今日から「新中1英数入門講座」が開講しました。3日間で、英語・数学の最初の内容を学習します。今日は、初日だったので、英語はアルファベット、数学は、負の数の意味、絶対値などを指導しました。明日は、今日よりは進度も速くなりますので、今日以上に集中して取り組んでほしいと思います!!


受験は長期戦

2020年01月04日

 TOP進学教室の高校受験の指導体制は、中3の春期講習から。「特別選抜コース」「選抜コース」ともに、春期講習からスタートします。春期講習から受講していることを前提としてカリキュラムを組んでいますので、中3途中からの受講者は毎年苦労しています。ですので、高校受験向きに受講するなら、春期講習から受講をお願いします。

 なお、中3途中からの受講開始の場合には、補講が必要となる場合がありますが、補講は有料です。また、中3途中から受講の場合には、割増料金の適用となるため、割高になります。年度当初から受講される方が、途中から受講される場合よりも、年間トータルの料金は安くなっています。

 2020年度新中3の新規入塾生の募集は数名です。成績基準があります。その基準については、お問い合わせください。


正月特訓

2020年01月03日

今日は、中3生の「正月特訓」でした。理科の物理、化学分野を集中して演習しました。入試で2点配点の問題対策です。

「正月特訓」という名称自体変えようかと毎年思っています。正月だから特別なことをやってるわけではないし、そもそも正月であろうとなかろうと、受験生は勉強すべきと思うからです。1月1日、2日と無駄に過ごすなんてことは、受験生として自ら合格可能性を下げているわけで、まあそんな人はいないと思いますが、日々精進あるのみです。

「診断テスト」まであと2日、私立高校入試まであと1週間。やった分だけ成果が出るのが、勉強。点数で、どれだけ冬休みに勉強したかは分かります。


「大晦日越年特訓」受講者の感想

2020年01月01日

新年あけましておめでとうございます。

先程終了した「大晦日越年特訓授業」参加者の感想の一部を紹介します。

 

・ 「10時間」という数字だけ見ると、長いと思ってしまいがちですが、実際にやってみると、本当にあっという間でした。

・ 集中して11時間取り組むことができました。自分の理解していないところが分かり、しっかり復習することができました。

・ はじめは10時間は長くて嫌だな、と思っていたけど、やってみると意外とあっという間で、びっくりしました。社会の公民と歴史をしたけど、基本的なところもあったり、難しいところもあったりして良かったです。

・ どんどん問題を解いていると、10時間という長いはずの時間もどんどん過ぎていきました。50分勉強したら10分休むという設定のおかげで集中が切れることがありませんでした。

・ 気がついたら2020年だった。勉強をしていて50分間がここまで短く感じたのは、初めてだった。勉強がそこまで苦痛に感じなかった。

・ 勉強の時間、休む時間、楽しむ時間、とメリハリをつけて取り組めるので、あっという間に10時間が経っていました。家でやるよりも集中できたし、楽しかったので、参加して良かったなと思います。

・ 参加して本当に良かったなと思いました。「模試速解演習」をして、実際のテストに慣れることができました。どれぐらいの時間配分をしたらいいのか、どんな形で問題になってるのかなど、実際にしてみないとわからないものを知れました。また、自分が苦手としている部分に改めて気づくことができたので、そこを徹底的に復習したいです。

・ 最初は10時間もあって長いなあ、と思っていましたが、いざ勉強してみると意外に短く感じて驚きました。1時間に10分間の休憩時間とおやつの時間もあったので、適度に力を抜きつつ集中して勉強に取り組むことができました。

・ 初めは、10時間も勉強なんて長すぎるし、寝てしまいそうだと思っていました。けれど、実際に取り組んでみると、あっという間に10時間が過ぎていき、全然眠くもありませんでした! 私は歴史と理科の計算をしたのですが、特に歴史では、自分が覚えられていなかった部分が分かり、良かったと思います。今回の「大晦日越年特訓授業」に参加して本当に良かったです!!

・ 自分の苦手分野をずっと勉強できたので、良かったです。初めは、11時間長いなあ、と思っていたけど、とても早く終わりました。特に、後半からは夕食やおやつがあったので、あっという間でした。楽しかったです。

・ 10時間は勉強できるか不安だったけど、休憩やおやつの時間もあったので、最後まで集中して取り組むことができました。難しい問題にたくさん挑戦することができてよかったです。

・ 時間が経つのが早すぎてびっくりしました。おやつタイムもとても楽しくて、いい気分転換になりました。

・ 正直10時間も勉強するのはものすごく苦痛だろうなと思っていたけど、本当に時間が過ぎるのがあっという間で、特に後半はおやつタイムもあり、楽しみながら勉強できました。また、「10時間勉強した」という経験が、今後勉強していく中で自分の強みになると思うので、そこもまた良い経験になりました。

・ 10時間集中して勉強する! と聞いて最後まで集中できるのかな、と不安な気持ちでいっぱいだったけど、集中してできたし、休憩時間に友達と笑って楽しく過ごせました。同級生の友達がそばにいることで、やる気が出ていつの間にか10時間勉強していて友達の力ってすごいなと思いました。すごい経験ができてとても感謝しています。とにかく楽しかったです!! 勉強をすることがもっと好きになりました。

・ 本当に充実した一日になりました。昼から夜までみっちり勉強しますが、すごく集中できて、勉強を楽しいとすら思える程です。私はこの授業に参加できて本当に良かったと思います。勉強をもっと頑張ろうという気持ちになれるので、オススメします。

・ 最初は長時間で大変だと思っていたけれど、いざ終わってみると、あっという間だった。歴史を主にして、これまでに忘れていたことも復習できて、いい時間になった。

・ 12時間勉強するのは、あっという間だったので、ビックリした。勉強するときと休む時の切りかえができたので、いい時間になった。

・ すごく集中できました。今まで大晦日にこんなにも勉強したことがなかったけど、みんなと一緒にしたので、「頑張るぞ!」と思えました。

・ とても静かな環境で、休憩もあるので、数学の難しい問題を無理なく解くことができました。入試で得点を取るべき問題をおさえられたのは、自分にとって、とても良いことだなと思いました。また、長い時間をかけて様々な問題に取り組めるので、苦手な分野でも、かなり解法を理解することができ、解くことができるようになったのではないかと思います。

・ 集中して取り組んだので、10時間が短く感じられました。

・ 集中して勉強ができるように配慮されていたので、10時間集中して勉強ができました。

・ 僕は今回の特訓で、方程式の特訓ができました。とっても苦手な分野でも、時間をかけ、先生に質問をしながら解いていけたおかげで、苦手意識がなくなりました。とても集中できたので、時間がすぐに過ぎていきました。来年も是非参加したいです。

・ 納得がいくまで勉強できた。時間が長いため、苦手な部分をしっかりできて克服できた。

・ とても集中できたと思う。歴史の問題は多かったけれど、自分が覚えれていないのも多いことが分かってとても頑張ろうと思った。

・ とても良かったです。社会で忘れていた部分もあり、復習することができたからです。

・ 11時間の勉強時間は長いと思ったけれど、休み時間やおやつがあったりして、思っていたより短く感じたし、やり遂げることができてとても達成感を感じました。


「大晦日越年特訓授業」

2019年12月31日

 今日は、「大晦日越年特訓授業」。22年連続満席です。

 

「ずっとそこでテレビ見てるけど、勉強したん?」

「今、やろうと思うとったのに、そんなこと言われて、もうやる気なくなった」

「・・・」

 

家庭での親子のこんなやり取りは、「大晦日越年特訓」参加者にはありません。塾で、勉強は皆しますので。送迎だけしていただければ、責任をもって10時間勉強させます。しかも、能動的に。

 

親子のケンカはなくなり、子供は勉強に集中し、保護者の方も気が休まります。参加すれば、いいことだらけですね。

 

準備は整いました。

 


「名門模試」

2019年12月30日

 今日は、中3生の「名門模試」でした。

全国の名門公立高校を目指すライバルと成績を競うことができます。「それに意味があるの?」と思われるかもしれません。確かに、高校合格だけが目標であるならば、意味がないかもしれません。ですが、ほとんどの場合には、その先の大学受験を考えているはずです。その大学受験でライバルとなるはずの名門公立高校志望者と、同じ問題で成績を競うことにより、現在の立ち位置を確認できるのです。

 

 実際にこの春の大学受験では、中3時の「名門模試」受験者から、東大合格者も出ていますし、医学部合格者も出ています。校内、県内のみならず、全国レベルで競うことは、高校受験時から必要であると考えています。高校に入学してから、大学受験を意識したのでは遅いのです。


ホームページからのお問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは087-898-4223(授業・面談を最優先するため、授業・面談時間中は電話に出られない場合があります。留守番電話にて用件を承ります。)

このページの先頭へ