塾長の授業日誌

HOME › 塾長の授業日誌

塾長の授業日誌

欠席多し

2006年04月26日

 報道されているように、4月下旬だというのにインフルエンザが流行っている模様。今日の塾生でも、インフルエンザではないにせよ、体調不良による欠席者が目立った。朝晩は少し寒いくらいで、体調管理も大変。土曜日からのゴールデンウィーク中に体調が回復すればいいのですが。

 ゴールデンウィーク中、TOP進学教室は、暦どおりの休みです。したがって、4月29日(土)、5月3日(水)~5日(金)、それと日曜日は休塾ですが、それ以外の谷間の日は、通常通り授業があります。

英語の予習は週末にまとめて

2006年04月25日

 高校生からの質問で最近多いのは、学校の英語の教科書の予習内容。本文訳がうまくいかないという質問が多い。平日にそのような質問が出るのは本来好ましくない。

 高校の英語の授業は、あらかじめ進むところが分かっているはずだから、本来は週末(土日)に、翌週分を一気に片付けておくのがベスト。そうすれば、他の教科の宿題を出されても、余裕だし、焦ることもない。部活で忙しくて、平日の時間がなかなかとれなくても、大丈夫である。

 高校生の諸君、今週末からゴールデンウィークだけど、予習には絶好のチャンスですぞ!!


無駄時間撲滅作戦

2006年04月24日

 部活帰りに授業に来る高校生も結構いるが、時間の無駄が目に付く。来たら、さっさと取り組まなければならない。休憩しているようでは、家でいるのと同じ。家に帰ってから、再び来るのができないから(時間が無駄だから)部活帰りに寄っているのだと思うが、こんな状況では意味がない。(といっても該当者は数名限定)

 毎年、部活帰りに来る塾生は、2つに分かれる。疲れていても、さっさとやって、早く終わらせる者、もう一つは、取り組むまでに時間がかかる者。疲れているのは分かるが、塾に来ている以上、勉強してもらわないと困る(そのための授業料である)。疲れの程度にもよるだろうが、部活 > 勉強  では困る。

 部活中心の生徒は部活に全力を注いでほしいが、希望の大学に合格したい生徒は、勉強も考慮しないといけない。

 バランスは難しい。だけど、部活にのめりこんでしまって、勉強に手がつかなくなる者も例年いる。また、途中入塾者はそういう傾向が強い。中学校、高校ともに、1年生は、最初が大切。勉強だけすればいい、といっているのではない。もちろん、部活だけすればいい、とも言いたいのではない。バランスと、集中力が大切なのだ。



高1数学

2006年04月22日

 教科書レベルの問題と、学校指定の問題集のレベルの差に戸惑っている塾生も多い。教科書の内容を理解するのはもちろんだが、問題集も完璧にこなしたい。そのためには、簡単に解ける解法を身につけることが必要。今日の授業でも、展開の解法(置き換え、公式)をいろいろやったが、身につくように、自力で計算することが大切。「分かる」⇒「できる」、この過程での手抜きは一番困る。自力で解けるように練習すること。

 高1になってまず差のつくのは数学。今はまだ差がなくても、中間テスト前には大きく差がつくだろう。そしてその差を縮めることは難しい。基本が分かっていないと、その後に学習する内容は理解できないし、復習しようにもどんどん授業は進むから。勉強するのは、テスト前ではなく、今。連休中にしっかり取り組むべし。

 (数学の次に差がつくのは、英語。数学は目に見えて、差がつくが、英語はそうでもない。内容的に、中学校の内容と重なる部分があるためで、「分かっている」と安心してしまうことが多い。だが、勉強していないと、徐々に学力は落ちている(気づきにくい)ので、「ヤバイ」と感じたときには、すでに遅い。数学ほどではないが、学力を取り戻すのは大変。いずれにせよ、高1段階からの学習が大切!!)


停滞は今日まで、明日から再スタート

2006年04月21日

 修学旅行、家庭訪問、合宿といった行事が今週で終わるところが多かった。今週は本当に欠席が多く、授業もなかなか先に進められなかったが、来週からは、どんどん授業をやっていきます。もし、消化不良のある場合には、この週末で、完全に理解しておいてください。

使いこなせていない物

2006年04月19日

 高2の授業。学校で単語のテストがあるので、テスト勉強の方法も含めて、「電子辞書」の使い方をある塾生に指導しようと思っていたら、その塾生の電子辞書のコンテンツに、学校で指定の単語帳が含まれていた。つまり、学校で買うように指示され、買ってしまった単語帳そのものを買わなくてもよかったことが判明。日頃から、「電子辞書」を使いこなせていれば、こんなことは起こりえなかった。

 「電子辞書」を使っている様子を見ていると、単に「意味調べ」だけに使っている場合が多い。しかしながら、単語登録機能を使えば、自分だけの単語帳ができるし(しかもテストも可能)、発音が聞ける機種もある(リスニング対策になる)。日頃からぜひ使いこなしてほしいものだ。



もう連休モード?

2006年04月18日

 三木高校2年生は、修学旅行に出発、1年生は明日から合宿、3年生は校内模試、そして遠足、と行事続き。今週は学校で授業がほとんどない。中学生も家庭訪問、修学旅行で、授業があまり進まず。来週は月~金まで学校は平常授業だろうが、その後はGW。GW後は、体育祭がある。ん~。5月半ばまでは本当に授業が少ない。2学期制になってから、本当にそう感じる。その分、夏休み以降は、スピードアップするが、この「もたつき」は何とかならないものか? 

 私立高校の中には、週6日制に戻したところもあるが、土曜日の授業があるかないかで相当の差だと思う。宿題チェックも多くできるし、月~金の負担も軽減できるはず。こうした問題に話が及ぶと、職員の休日の問題が出てくるが、職員の週休2日制を維持したままでも、実現できるのではないかとも思う。以前、首都圏で勤務していたときには、3学年の合計3クラスを担任していたが、1クラスを2人の専任教師が、担任・副担任としてペアを組んでやっていた。週休2日制で毎週木曜日が定休日だったが、他のもう1日の休日は、ペアと休日が重ならないようになっていた。何事が起こってもどちらかの担任は勤務しているので、困ったことはなかったように記憶している。休日に突然呼び出されたことはないし、問題が起こっていれば、翌日にもう一人の担当者から話をきいたものである。(教務主任が休日でも、部長が勤務していたので、あまり支障はなかった。というか、みんなで協力して、支障がでないように努力していた)

 塾と学校では、事情が異なるとは思うが、週6日制で取り組んでいる高校の取り組みに期待したい。

忘れ物注意

2006年04月17日

 中1の授業。英語と数学の教科書を持参するように伝えてあるのに、忘れたものがいた。2回目。話を聞くと、学校に置いてあるという。私が中学生のころは、教室の机の中に教科書を置いている生徒は少なかったと思うが、今は多いらしい。宿題するのに、教科書は必要だと思うが、どうやっているのだろう。宿題は少ないという話らしいので、そんなに困らないのかもしれない。だが、学習の基本は教科書の理解だと考えているので、教科書は日々持ち帰りが原則だと思う。

 塾の授業を受けていれば、学校の授業は必要ない、なんてことを考えてもらうと困る。いくら授業をしても、学校の授業時間数にはかなわない。学校の授業も、そして、塾の授業もしっかりと受けてこそ、相乗効果があるのである。塾に頼りっきりでは駄目である。いくらテストの成績がよくても、授業態度、提出物等も含めて、評価はされるのだから。


中学と高校の違い

2006年04月14日

 新高1も学校の授業が始まり、中学校とは授業の進め方が違うことに戸惑いを感じているようだ。高校では、中学校のときほど、丁寧に授業はしない(と思う)。それに違和感を感じているらしいが、早く慣れることも必要だし、自分で解決しようとする意識も必要。予習(特に英語)、復習の習慣を早く確立してもらいたい。

 

まだまだ頑張っています

2006年04月13日

 昨日のブログの影響なのか(あまり影響ないと思うが)、今日はまだ何人も自習に取り組んでいる(当然部活をしている塾生)。4月、5月は総体前で、練習もハードだと思うが、勉強は今やるしかないのである。部活で忙しいからこそ、やる。他のライバルに差をつけるため。

 中3の塾生にも言ってある。受験勉強は6月までが勝負だと。春期講習中に話した。すでに4月も半分終了。残されたのは、1ヶ月半。全力で取り組むべし。

 今残って頑張っているのはいいが、無駄な時間を過ごしていて、注意を受けたものもいたはず。部活のために、学習する時間が限られているのであるから、来たらすぐに学習を始めなければならない。友達と通路で話したり、ゆっくり食事をしたりしているのでは、失格。何のために来ているのか分からない。勉強するなら全力でやれ。中途半端は一番悪い。それなら、家で寝ているほうがまし。合格を目指したいなら、集中してやる、それが一番必要だ!!

 それと、今日、テキストの予習が必要にもかかわらず、やってきていない者がいた。厳重に注意したが、二度と注意されることのないようにすること!

 今週末から「修学旅行」「ガイダンス合宿」等で、欠席者が多くなるけど、すべて、振り替え授業をしているので、早めに申し出てください。





ホームページからのお問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは087-898-4223(授業・面談を最優先するため、授業・面談時間中は電話に出られない場合があります。留守番電話にて用件を承ります。)

このページの先頭へ