塾長の授業日誌

HOME › 塾長の授業日誌

塾長の授業日誌

規則正しい生活

2006年05月12日

 大学受験に向けて、いわゆる浪人生活をする場合、大切なことは「規則正しい生活」。高校生のときに、なぜ、午前中に4時間も学校で授業を受けられたのかというと、「朝起きなければならない」という強制力があったから。浪人生活においても、朝から規則正しい生活を送ることが大切。特に、連休明けで、リズムが崩れがちの場合もあるだろう。再度、気合を入れなおして、規則正しい生活を心がけるべきだ。



中途半端

2006年05月11日

 何にしても中途半端は一番の損。今日もそんな話をある塾生としたが、眠くて勉強の手がつかないなら寝たほうがよい。ただし、10分程度。それ以上寝ると、本格的な睡眠状態になり、起きてもぼーっとした状態になるのであまりすすめない。私も、勤務中に極度に眠いときには寝ることもある(もちろん授業のない時間帯)。当然10分。目覚まし時計(携帯のアラームで代用)を10分後にセットして、10分間だけ寝る。10分しか寝ていなくても、目覚めた後は順調に仕事ははかどる。

 ある高校(だったと思う)で、昼寝の時間をつくってみたところ、成績が向上したとの記事を読んだことがある。昼食後の授業は確かに眠かった記憶がある。その眠気をなくすために、昼休みの後半が確か昼寝の時間になっているとのことだった。そのおかげか、午後の授業は集中できる生徒が増えたとのこと。
そのため成績も向上したのであろう。

 中途半端な勉強にならないように、眠いときには10分だけ寝てみてはどうだろう。ただし、かならず10分後に起きることができるように目覚ましをセットし、そして、10分後に起きる意志をもって寝ること、これが不可欠。「もうちょっとだけ」と思って、目覚ましを無視すると、「目が覚めたら朝」というような悲劇が待っている。やはり意志も中途半端では駄目だ。

 

 

お問い合わせ有難うございます

2006年05月10日

 4月末から入塾の問い合わせが続いています。コースによっては満席ですので、お断りしている場合もございます。また、空席待ちもお伺いしております。体験授業(授業見学)もできますので、お問い合わせください。ありのままの授業を体験できます。(学校の授業参観のようにそのときだけ「特別」というようなことはしておりません。通常の授業の中に入っていただいて、実際の雰囲気を体験してください。学習の進め方に満足の場合にのみ、入塾をお考えください。ほとんどのコースは個別対応ですので、授業についていけないというようなことはないはずです。)

 体験授業は事前申し込みが必要です(座席の都合上)。なるべくお早めにお願いいたします。

 さて、今日の授業は、欠席者が若干いましたが、自習室は満席。集中して学習に取り組めていました。



宿題

2006年05月09日

 中学生は「家庭学習用ワーク」を、塾での授業用とは別に渡してあり、それは、学校で習った範囲は宿題となり、1週間に1回は提出が義務付けられている。ノートに解くように指示してあるが、ノートを見れば、まじめにやっているか、来る直前に慌ててやったか、答えを丸写ししたかは、すぐに分かる。まじめにやっている生徒は当然成績は上がる。手を抜けば、その時はうまくいっても、テストではうまくいかない。結局は、自分にすべて返ってくる。まじめにやるしかないのである。

 それは遅刻、欠席にも通じるところがある。部活や通院のために授業に遅刻する場合、遅刻してでも授業に参加する生徒は、かなりの確率で成績は向上する。遅くなったら行くのをあきらめる生徒は、今やるべきことを先延ばしにしているのだから、向上する確率が低いと思われる。

 総体も近くなり、練習はハードだと思うが、今も高校生は何人か学習に取り組んでいる。その意欲を大切にしてほしい。



 

連休終了

2006年05月08日

 連休も終わり、今日から通常授業。学校の進度もこれから、はやくなることを説明した。今までのところは、学校の学習範囲はほぼ理解できていると思う。高校生は総体も近くなり、また、中学生は運動会の練習などでかなり疲れもでてくると思われるので、時間を無駄なく使って、効率よく指導したいと思う。

 一部の高校では、来週が「定期考査」。早めに学習に取り組むように指示した。

順調

2006年05月02日

 学校の進度が遅いこともあって、理解は順調に進んでいる(どの学年も)。ただ、連休後は、これまでの倍以上の進度になると思うので、油断はできない。毎日のように書くが、部活も練習が長くなり、TOP進学教室の授業開始時刻までに間に合わない塾生もでてきた。これは仕方がないこと。だけど、基本的に夜の授業は、一斉授業ではないので、開始時刻に遅れても、支障はない。遅れた分だけ、本人ががんばって取り組めば、問題は生じない。「自立学習」の利点ですね。

 自習室の利用者も増えてきた。新入塾の塾生も利用が増えてきつつある。集中してがんばれるような環境にしてあるので、どんどん利用してください。(無駄スペースをなくして自習席を1席増やす予定です)

 

連休の谷間

2006年05月01日

 高3生は部活との両立で苦しんでいる模様。あと1ヶ月で総体。練習も大変だろう。だが、ここであきらめてはいけない。毎年、勉強と部活を両立させてきた先輩は多いのである。時間的な無駄を作らないことが大切。部活が終わったらさっさと帰宅して勉強へ。部活が終わってから、家に帰るまでに無駄な時間が多いのではないだろうか? 

 明日も平常授業。みんなが遊んでいる間にどんどん差をつけよう! 連休こそ勉強です!!

明日からゴールデンウィーク

2006年04月28日

 今日は自習室もサテラインもほぼ満席。連休前にしては、よくがんばっていると思う。中3に関しては、6月の「診断テスト」に向けて、明日も補習を一部の塾生対象に行う。今こそ勉強すべきとき。連休だからといって、遊んでしまっては駄目。差をつけるには絶好の機会なのである。

 目標に向けて突っ走るのみ!!!


過程

2006年04月27日

 中1の授業。数学でのこと。「-1.2よりも小さい整数で最も大きい整数を求めよ。」という問題があった。頭の中で考えていると、つい「-1」とやってしまう。現実にそういう答えも見られた。でもこうした問題は、数直線を書くのがよい。すぐに分かるし、見直しのときも、目で見て確認できる。やはり、過程は残しておくに限ります。



欠席多し

2006年04月26日

 報道されているように、4月下旬だというのにインフルエンザが流行っている模様。今日の塾生でも、インフルエンザではないにせよ、体調不良による欠席者が目立った。朝晩は少し寒いくらいで、体調管理も大変。土曜日からのゴールデンウィーク中に体調が回復すればいいのですが。

 ゴールデンウィーク中、TOP進学教室は、暦どおりの休みです。したがって、4月29日(土)、5月3日(水)~5日(金)、それと日曜日は休塾ですが、それ以外の谷間の日は、通常通り授業があります。

ホームページからのお問い合わせはこちらから。お電話でのお問い合わせは087-898-4223(授業・面談を最優先するため、授業・面談時間中は電話に出られない場合があります。留守番電話にて用件を承ります。)

このページの先頭へ